ストレート豆

マンデリン G1

¥486/100g
マンデリン  G1
マンデリン  G1 マンデリン  G1
原産国:インドネシア産

グレード:G1
※ コテッとしたコクと後口に残らない苦味を出したいので、中深煎りにしています。 深煎りにすると苦味がグッと出てきて独特のコクが引っ込んでしまうからです。

※マンデリンのグレード:
スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシェ他、1万3600以上の島々で構成され、赤道を中心に南北両半球にまたがっています。原種は標高1000m以上の高地で栽培されるアラビカ種が約10%、残りの90%がロブスター種になります。主要品種はカティモール、ジャワ・ティピカ。アラビカ種のコーヒー豆と生産地は島によって分かれており、スマトラ島はマンデリン、ガヨマウンテンジャワ島はジャワ・ティピカ、スラウェシェ島はカロシ・トラジャ がそれぞれ主に栽培されています。輸出の等級、格付は欠点豆の多い、少ないで決められ、上からグレード1(G1、欠点11以下)からグレード6(G6、欠点151~225)まであります。
マンデリン G1
販売価格:
¥486
ポイント:
4 Pt
内容量:
100g
豆の挽き方:
数量:
やわらかさ
苦味
コク
酸味
香り
甘み

店売りでは人気の豆です。
深煎り豆ほど苦味は強くないのですが、コクはちゃんとある。
ちょっとやわらかめのカフェ・オ・レを飲まれる方にもオススメです。

ユーザーレビュー
  • ゆきさんさん

    投稿日 2015年07月03日

    おすすめレベル ★★★★★

    朝にぴったりです。

    マンデリンが好きでいろいろなお店でマンデリンG1があると購入してまいりましたが、びーんず亭さんの焙煎のマンデリンG1が一番好きです。もう少し軽めに焙煎しているお店、深煎りのお店など本当に様々ですが、この微妙な中深煎り具合がマンデリン独特の香りや苦味と酸味をバランスよく引き出しているのかなぁ、と美味しく楽しく飲んでいます。豆のまま購入で、使用器具はネルのハンドドリップ、サイフォンが主ですが、どちらで淹れても、香味とコクとしっかりとした苦味が感じられますので、私は朝に飲む一杯として最適だと思います。
    あくまで私見ですがブルーリントンと比べてしまうと、こちらの方が少しカドがあると言いますか、パンチがあると思います。

  • 豆ちゃんさん

    投稿日 2015年05月20日

    おすすめレベル ★★★★

    まずは煎茶気分で

    「煎茶気分」で味わえるコーヒー豆です。数あるコーヒー豆のなかでも酸味が少ないので、コーヒーの酸味が苦手の方にお勧めです。コストパフォーマンスが高いので、安心して毎日何杯も飲めます。

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています。
苦味とコクがたまらない深煎りのコーヒーです。
詳細を見る
【完売御礼】ありがとうございました!
詳細を見る
苦味と甘みのバランスが心地よく、クリアーな余韻がたまらない逸品です。
詳細を見る
亭主イチ押しブレンド!苦味とコクの中にほのかな甘みがあります。カフェ・オ・レやしっかりした味をお好みの方にオススメ。
詳細を見る
PAGE TOPへ