コーヒー豆の保存方法

高温多湿を避けて、暑い時期は冷蔵庫のチルドルームがおすすめ!

保存場所が悪いと・・・
蒸し暑~い梅雨頃から残暑が残る秋口までの時期で、温度が高い状態の所に置いておかれると、豆から出る炭酸ガス(実はこれがいい香りを出す素なんです)の発生がより一層促され劣化が進んでしまいます。
また湿気が多い所だとクッキーやお煎餅と同じで豆が湿ってしまい、抽出のスピードが落ちて水っぽくなったり、嫌な味が出たりします。
乾燥していて温度の上がらない所といえば・・・
梅雨の時期でもなるべく乾燥していて温度の上がらない所。
そうです、「冷蔵庫」ということになりますね。 最近の冷蔵庫にはいろいろな機能を持った
収納庫がありますが、僕がオススメするのはチルドルーム。
最近では野菜ルームっていうのもあるみたいですが、そこでもOKです。

冷蔵庫でももちろん大丈夫なんですが収納スペースが広いのでコーヒー豆以外にもいろいろな食材を
保存されると思います。ゆえにそれぞれの香り、臭いが移っちゃったりする時があるんです。
「コーヒーから魚の臭いが・・・」ってことになったらガッカリですよね。
その場合は、タッパーなどの密封容器をコーヒー豆専用の入れ物にして、豆の袋ごと入れておきましょう。 冷凍庫は?というと絶対ダメ!ということではありませんが、ここまで冷やす必要はないと思います。コーヒー豆を冷凍するわけですから淹れる前にあらかじめ常温に戻してやらなければなりません。
結構手間ですし、冷凍のまま淹れると旨みがでません。そしてまた残りの豆は冷凍する訳ですから他の食品と一緒で冷凍⇔解凍の繰り返し、これってやっぱり傷みますよね。もし冷凍保存される場合は、冷気がコーヒー豆に直接当たらない様にビニール袋などで、二重包装にして下さい。 コーヒーを淹れる時は、お湯を沸かす前に冷蔵庫から取り出しておくと、沸いた時には、豆は丁度良い状態になっているので、
そのまま淹れて頂くことができます。
買いだめにはご注意を!
結論として、気温が高い時期は上記の所で保存し、それ以外の晩秋から春先までは冷蔵庫に入れてもらわなくてもいいと思います。室温が上がらなければ風通しがよく(湿気が少ない)、直射日光が当らない所、いわゆる冷暗所と言われるところでも大丈夫です。ただ、何度も言いますが、生鮮食品なのであまり買いだめしないでくださいね。コーヒー豆だけに“マメに、豆に"でお願いします。

密封率の高い容器に入れるのがおすすめ!タッパーでもOK!

なるべく空気に触れないように・・・
よく雑貨屋さんなどで売っているゴムパッキン付きのガラスのビン(プラスチック製でもOK)が
オススメです。要はなるべく空気に触れない様にして頂きたいんです!
空気にさらしておくと空気中の水分を吸って湿ってしまいます。
ですから形状は、コーヒー豆が空気に触れる部分が少ない縦長の方がベター。

「開封したコーヒー袋の口をゴムで止めて保存している」というお話をよく聞きますがこれはNG。
「わざわざその為に買うのはちょっと・・・」と言う場合は、タッパーでもOKですよ♪
また保存容器は専用のものを1つ作ってくださいね。
兼用にするとコーヒーの香りが他のものに移ったり、他のものの臭いがコーヒーに移ったりしますので。
コーヒーを淹れている時にお魚の生臭~いにおいがしたらイヤですよね。
ユニークな保存方法・究極の保存方法・・・
「ユニークな保存方法」・・・空気を抜くポンプが付いている容器に保存します。 これは粉を出すたびにポンプで中の空気を抜き、真空状態にしておけますので、鮮度が落ちないのですが、開封するたびに真空状態にあった豆は空気をより一層吸いますので、手早くしなければ結局、湿ってしまい風味が落ちてしまいます。

「究極の保存方法」・・・買ってきてすぐ、1回に淹れる量にあった大きさの密封ビンに入れ直し。
これならふたを開けるたびに空気にさらされることがないので、後の方になってもいつもより日持ちはします。ただ、入れ替えを素早くしないと逆効果。ご想像通り、小さな密封容器はたくさん要りますし、
それを保存する場所も必要になってきます。オススメしたい方法ではありますが『大変』ですよね。
コーヒー豆の購入は計画的に!
結論としてはやっぱり豆で3週間、粉で10日位までで飲みきれる量をご家庭で計算して、
その量ずつマメに購入されるのがいいと思います。
コーヒーも生鮮食料品なので鮮度は大切にしたいですね。
PAGE TOPへ